おすすめコメディアニメ『あ行』


あずまんが大王

いまだに根強いファンの多いあずまきよひこの同名漫画が原作。個性豊かなキャラクターがボケとツッコミを繰り返していき、4コマの起承転結の枠にとらわれず、とにかくシュールでも不条理でも笑いを誘う方向に向かっていきます。

ある意味、システムとして完成されてしまった作品ですが、この作品以降似通った作品を量産してしまう原因になった作品とも言えます。

こういった作品には珍しく、原作漫画の方は現実の時系列と一致しているため、きちんと進級し、卒業とともに終了しています。

また、この頃から萌え4コマがアニメ化されるようになっていき、狙ったキャラクターが増えてきたため、このアニメのキャラクターも変わっていると思われがち。

でも、実は個性が突出しているだけで、基本はどこにでもいそうなキャラクターなのが、オススメしやすいのかもしれません。

あずまんが大王
公式サイト
あずまんが大王DVD-BOX
アニメの中の卒業式
4コマ漫画が原作の学園コメディアニメ

あたしんち

けらえいこのコミックが原作のアニメ。

立花一家の日常を描いたファミリーコメディ。

2009年に第1期が終了し、劇場版も2作上映され、原作のコミックも2012年に連載を終了。

にもかかわらず、2015年10月からアニマックスで第2期がスタートする予定です。

あたしんち
公式サイト

暗殺教室

タコのような姿の超生物が担任として赴任してきた落ちこぼれクラスの生徒たちが、次の3月までに超生物を暗殺することに。

殺せんせーと名付けられた超生物と暗殺を通して交流していくうちに、落ちこぼれだった生徒たちにも変化が。

また、ISによる邦人処刑の影響で、第3話の放送が休止され、翌週にずれ込むというトラブルもありました。

暗殺教室
公式サイト
Twitter

Aチャンネル

黒田bbの4コマ漫画が原作のアニメで、天然ボケ体質のるん、るんの事が大好きなトオル、怖がりでいじられキャラのユー子、ツッコミ役のナギの4人の女子高生の日常を描いた作品。

一応、るんが主人公となっていますが、どちらかというと、トオルの方がキャラクターが立っているため、主人公っぽい。

通っている葵ヶ丘高校は共学ですが、トオルがるんに近づく男子に敵意をむき出しにして追い払うため、まるで女子高アニメのようになっています。

というか、追い払うために金属バット振り回すというのはどうなんだろう。

Aチャンネル
公式サイト
4コマ漫画が原作の学園コメディアニメ

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している

突然、二つの選択肢が頭に浮かび、絶対にどちらかを選ばないと頭痛がする『絶対選択肢』という呪いにかかってしまった甘草奏。

しかも、その選択肢はどちらもふざけたものな上、他人にはわからないため、奏は周囲に奇行を繰り返していると思われる始末。

そのせいで見た目はかなりいいのに、行動や性格のせいで恋愛対象にならない『お断り5』の仲間入りをしているのだった。

ミッションをクリアしていけば、いずれ呪いは消えるらしいのだが、それも希望でしかない。

空から降ってきた美少女ショコラは奏を助ける優秀なパートナーのはずだったが、謎の記憶喪失のため、役立たずとなっていた。

奏は無事に『絶対選択肢』の呪いを解くことが出来るのか。

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
公式サイト
アークエ
アークエとガッチンポー
アークエとガッチンポー てんこもり
公式サイト
アキカン!
【明日のよいち!】
公式サイト
あそびにいくヨ!
あっちこっち
公式サイト
アニマル横町
あまえないでよっ!!
あまえないでよっ!! 喝!!
公式サイト
甘城ブリリアントパーク
公式サイト
荒川アンダー ザ ブリッジ
荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ
公式サイト
行け! 稲中卓球部
イタズラなKiss
公式サイト
苺ましまろ
公式サイト
いぬかみっ!
公式サイト
犬とハサミは使いよう
公式サイト
異能バトルは日常系のなかで
公式サイト
うーさーのその日暮らし 夢幻編
ウーサーノソノヒグラシ ムゲンヘン
公式サイト
うちの3姉妹
公式サイト
うる星やつら
公式サイト
おそ松くん
おぼっちゃまくん
公式サイト
おまもりひまり
公式サイト
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ
公式サイト
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
公式サイト