【メジャーリーグ】シリーズ

【メジャーリーグ】

いま見直すと、かなり豪華なスポーツコメディ。チャーリー・シーンの出世作、ウェズリー・スナイプスを見出したと言ってもいい作品。

日本では、とんねるずの石橋貴明がハリウッドデビューしたと話題になりました。しかも、話題作りのために出しただけかと思ったら、まさかの続投を果たしています。

それぞれ主人公が違い、3作目にいたってはチームも違い、メジャーリーグですらありません。3作全部に登場するのは、【24】のパーマー大統領で知られているデニス・ヘイスバートのみ。

基本的にベタな展開にベタな笑いを重ねたようんさ作品なので、突き抜けた笑いはないですが、安定して笑えます。

【メジャーリーグ】

インディアンズの新オーナーはフランチャイズの拠点をクリーブランドからマイアミへ移すために、三流プレイヤーばかりを集めて故意にチーム最下位を狙うが、それを知った選手たちは一致団結リーグ優勝を目指す。

allcinema ONLINEより。

【メジャーリーグ】

【メジャーリーグ2】

見事リーグ優勝を果たしたグリーブランドー・インディアンズだったが、今年は連敗続き。メンバーたちにもやる気が観られず、すっかり堕落しきっていた。おかげで今期のチームの成績は最悪で経営難のため、主要選手はトレードに出されてしまう。

allcinema ONLINEより。

【メジャーリーグ2】
詳細
感想

【メジャーリーグ3】

ベテラン・ピッチャーのガスは、最低最悪の球団サウス・キャロライナ・バズの監督を引き受けることになる。選手をひとめ見てダメだと悟ったガスは、元インディアンスの優勝メンバーを呼び寄せることを思いつく。彼らの影響で、選手たちを発奮させ潜在的な能力を開花させようという魂胆だ。だが、集まったかつての仲間は奇人変人ばかりだった。

YAHOO!映画より。

【メジャーリーグ3】
詳細
タイトルとURLをコピーしました