4コマ漫画が原作のおすすめ学園コメディアニメ

Pocket

【4コマ漫画が原作のおすすめ学園コメディアニメ】

【日常】

日常のDVD 特装版 第1巻

原作はあらゐけいいち。厳密にはストーリー漫画な時もあるので、4コマ原作ではないですが。

群馬と思われる地域を舞台に、タイトル通りの日常にありそうと思わせといて、絶対に日常ではないことを描いています。

基本オムニバス形式で、それぞれの組み合わせで話が進行していきますが、まれに同じアニメ製作会社の違うアニメを見ているのかと不安になるような大ネタも。

また、オープニングが『ヒャダイン(前山田健一)』なことでも知られています。ちなみに女性は元ももいろクローバーの早見あかり。

【あずまんが大王】

あずまんが大王DVD-BOX

いまだに根強いファンの多いあずまきよひこの同名漫画が原作。個性豊かなキャラクターがボケとツッコミを繰り返していき、4コマの起承転結の枠にとらわれず、とにかくシュールでも不条理でも笑いを誘う方向に向かっていきます。

ある意味、システムとして完成されてしまった作品ですが、この作品以降似通った作品を量産してしまう原因になった作品とも言えます。

こういった作品には珍しく、原作漫画の方は現実の時系列と一致しているため、きちんと進級し、卒業とともに終了しています。

また、この頃から萌え4コマがアニメ化されるようになっていき、狙ったキャラクターが増えてきたため、このアニメのキャラクターも変わっていると思われがち。

でも、実は個性が突出しているだけで、基本はどこにでもいそうなキャラクターなのが、オススメしやすいのかもしれません。

動画

【Aチャンネル】

Aチャンネル 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

黒田bbの4コマ漫画が原作のアニメで、天然ボケ体質のるん、るんの事が大好きなトオル、怖がりでいじられキャラのユー子、ツッコミ役のナギの4人の女子高生の日常を描いた作品。

一応、るんが主人公となっていますが、どちらかというと、トオルの方がキャラクターが立っているため、主人公っぽい。

通っている葵ヶ丘高校は共学ですが、トオルがるんに近づく男子に敵意をむき出しにして追い払うため、まるで女子高アニメのようになっています。

というか、追い払うために金属バット振り回すというのはどうなんだろう。

【GA 芸術科アートデザインクラス】

GA 芸術科アートデザインクラス vol.1 初回限定版 [DVD]

芸術系の専攻コースがある高校が舞台のコメディ。話にしか出てきませんが、音楽系のクラスもある様子。

ネタとしては芸術系のネタが多く、デザインの専門学校に行った人間にはあるあるで大爆笑を誘います。ポスターカラーがカビてしまうとか、課題で変な方向に行ってしまうとか、良くありました。

ただ、逆に専門的な言葉が普通に出てきてしまうため、デザインの知識がないとピンと来ないことも。

素猫(すねこ)は可愛い。

【らき☆すた】

らき☆すた ブルーレイ コンプリートBOX 【初回限定生産】 [Blu-ray]

第2期萌え4コマブームと言ってもいいくらい人気のあった作品。グッズ販売や聖地巡りで経済的にも活躍してました。原作の美水かがみが男性と知って、ショックを受けた人も多数いたとか。

アニメの方はというと、当時人気だった平野綾が主演だったのと、オープニングの『もってけ! セーラーふく』がニコニコ動画等で踊ってみたり、歌ってみたりされたおかげで認知度がかなり高いです。

多分アニメ好きじゃない人でも、なんとなく聞き覚えがあるくらいには知っているんじゃないかと思います。

ただ、やっぱりネタ的にはオタク向けで、わかる人にはわかるネタや、声優ネタが爆発している作品。

それにしても、白石稔はまだココイチと焼肉屋でバイトしながら声優をしているんでしょうか。

【生徒会役員共】

生徒会役員共 1 (Blu-ray)

私立高校の生徒会を舞台にした氏家ト全の作品をアニメ化。

というか、真顔で下ネタというか、ゲスネタを女性たちがいい、男性がツッコムというアニメを他に知りません。

【SKET DANCE】の佐倉実とさほど代わりがありません。むしろ、こっそり実行していたりする分、上かもしれません。